2011年03月20日

4月中に800万kW増強を目指す



計画停電は、日常生活に深い影響を与えている建物損傷なき災害だ。そこから解放される鍵はどこにあるのか。東京電力の供給力増強に着目した。

東電の電力供給力は、わずかだが上昇している。例えば、大規模停電が懸念された17日の東京電力の供給力は3350万kWだったが、翌日は3500万kWに増強した。ただ、この供給力は電力消費の想定(需要)によって変化し、需要が伸びず、計画停電が実施されなかった19日は3400万kWだった。

藤本孝副社長は、供給力のアップには2つの手段があるという。いずれも火力発電で、1つは損傷を受けた火力発電所の復旧、もう1つは定期点検中で運転を止めている火力発電機の繰り上げ始動だ。

「定期点検中のものは設備が壊れているわけではないので早い。3月中には250万kWから300万kWは見込めると思う。さらに4月中にはトータルで800万kWは確保したい」(藤本氏)

17日には大井火力(品川区八潮)の発電機が35万kWで再始動した。東扇島火力(川崎市)、五井火力(千葉県市原市)、袖ケ浦火力(千葉県袖ケ浦)の再開が予定されいている。復旧が難しいのは、石炭火力で震災の影響が強く残る常陸那珂火力(茨城県東海村)や広野(福島県広野町)だ。

ただ、5000万kWから5500万kWの夏のピークには、さらに増強が必要だ。島田保之営業部長が、言葉を継ぐ。

「廃止前提で考えていた停止火力を復活するとか、ガスタービンなど単工期できる電源をどれだけ建設できるか。お客様の自家発電を購入するなど考えているが大きな上積みは難しい。引き続き節電をお願いしたい」

震災の影響で失われた東電の供給力は約2000万kW。既存の発電所の復旧が一巡し、発電所の新規建設が難しいとなると、いよいよ「節電」と「停電」を強化するしか、残された手段はなくなる。

火力発電所を増強して元の発電量を目指すのは芸が無い気がする。消費電力を減らすのはもちろんだけど、一部の企業(データセンター等)を他の都市へ移して関東の消費電力を減らすとか、発電所を増強する代わりに太陽電池を各家庭に配布して電気を作ってもらうとか、何か新しいことはできないだろうか。原発の推進は難しくなったのだから、国も補助金を交付して国民が太陽光発電システムを設置するように誘導したらどうだろう?


posted by 北海道頑張れ at 19:04| 停電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セ・リーグも延期、29日開幕に 今季は延長戦せず節電



 プロ野球セ・リーグは19日、3月25日に決めていた公式戦の開幕を同29日に延期すると発表した。また、今季は延長戦を行わないなどの節電策を打ち出した。日本プロ野球組織(NPB)が文部科学省から東京電力、東北電力管内でのナイター試合の開催自粛などを要請されたことを受け、6球団の代表者による緊急理事会を東京都内で開いて協議した。

 全体の日程は変更せず、開幕カードの3日間、計9試合を延期する。29日の開幕から4月3日までは東京電力管内で予定していたナイター全6試合をデーゲームに変更。4月5日以降はナイターを実施するが、各球場とも大規模な節電策を講じるとした。

 さらに今季のレギュラーシーズンは延長戦を一切行わず、9回打ち切りとする。電力問題の状況を見ながら、夏場はできるだけデーゲームでの開催を検討するとした。

 セ・リーグは17日、当初の予定通り25日に開幕することを決めたが、翌18日に文科省からナイター自粛などを要請された。日本プロ野球選手会も25日開幕に反対していた。

よく決断しました。素晴らしいことです。
posted by 北海道頑張れ at 12:50| 停電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東電、20日の計画停電見送り



 東京電力は20日の計画停電(輪番停電)の実施を見送ると発表した。節電効果が続いていることに加え、日曜日で産業部門の電力消費量が平日ほど高まらないため。天気は崩れる見通しだが、気温が高めに推移すると見られることも見送りの一因となった。

 21日の実施の有無については、20日の需要動向を踏まえて判断する。
posted by 北海道頑張れ at 12:12| 停電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野球は電気のあるところで---海江田経産相



17日の首都圏の電力需給は、振り返るとぎりぎりの攻防だった。緊急会見で危機を訴えた閣僚の一人、海江田万里経産相が翌日会見で深々と一礼した。

「大規模停電に至らなかったのは、節電の賜物だと国民の皆様に、たいへん感謝を申し上げます。引き続き節電をお願いしたい」

節電はどのくらいすべきなのか。

震災当日11日の朝、東電の供給力は5200万kWあった。震災直後の供給力は3200kW。それを節電だけで補うとすれば、生活から約4割の電力を削減しなければならない。

そこで、自主的な節電を呼びかけるとともに、計画停電で急場をしのぐこととなった。計画停電の対象となるのは1730万件。1グループを計画停電して生まれる余力は500万kWを見込んでいる。2グループ同時に実施すれば、1000万kWと大幅な電力抑制を図ることができる計算だが、反面、6時間も停電の中で生活しなければならない。

海江田氏は「まだまだ節電の範囲でできることはたくさんある」という。

「例えば、球場を東京ドームではなく、全国の電力需給が逼迫していないことろで開催していただけるとありがたい」

震災によるダメージは東日本だけのもの。西日本で電力が不足しているわけではない。東日本と西日本では周波数が違うため、そもそも電力を融通し合うわけにはいかないので、電力消費そのものを西日本に移すことはできないか、というものだ。

さらに、こう話す。

「街の様子を見てみると、ショーウィンドウやネオンサインの明かりが付いている。街路灯もそうですね。前とほとんど同じですね。まず、節電の範囲でできることをやっていただきたい」

計画停電は、東電の供給力がある程度回復するとともに、消費が安定する4月末日までの予定だ。しかし、夏には再び計画停電の必要な夏のピークがやってくる。


不便で大変だが、流行やファッションではない真のエコロジーを身に付けるチャンスだと、前向きに考えたい。
posted by 北海道頑張れ at 05:43| 停電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

3連休の首都圏各線、休日ダイヤより運転本数を削減

 首都圏の鉄道は大震災に伴う節電のため、19〜21日の3連休も運転本数を削減する。大半の路線で休日ダイヤよりも少なくなっている。鉄道各社は「ホームページなどで最新情報を確認して欲しい」としている。

 19日のJR東日本は、山手線などは休日ダイヤ通りだが、総武線快速(東京―千葉)で1割、常磐線快速(上野―取手)と横須賀線(逗子―久里浜)で5割減。成田エクスプレスも走らせない。

 東京メトロは3日間ともに各線で休日ダイヤより最大2割減らす。私鉄各社も本数を削減したり、一部区間で運休したりする。

posted by 北海道頑張れ at 04:48| 停電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

りそなと埼玉りそな、22日から首都圏ATMの大半停止

 りそな銀行と埼玉りそな銀行は18日、節電のため22日から当面の間、首都圏の無人店舗の現金自動出入機(ATM)の大半を止めると発表した。最長で24時間稼働している支店や出張所にあるATMも28日以降、稼働時間を午前9時〜午後6時に短縮する。

 関東1都6県と山梨県、静岡県にある無人店舗約550カ所のうち500カ所と、有人店舗の約300カ所すべてが対象。対象外となる無人店舗のATMも28日以降、午前9時〜午後6時に短縮する。

ラベル:朝日新聞 りそな
posted by 北海道頑張れ at 04:43| 停電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東北電の計画停電、27日まで実施せず

 東北電力は18日、青森、秋田、山形、新潟の各県で予定していた同日の計画停電を中止した。27日までは停電を実施しないとしている。東日本大震災の復興の立ち上がりが遅いため、電力需要が伸びない半面、降水で水力発電の供給力がアップしたためだ。ただし、「電源トラブルなどの不測の事態が発生するリスクは続いている」といい、28日以降は未定。計画停電の枠組みそのものは維持する。

posted by 北海道頑張れ at 04:29| 停電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

19日の計画停電、回避で調整 東電

 東京電力は、19日予定していた計画停電(輪番停電)を回避する方向で調整していることを明らかにした。20、21日の連休中については、前日までに公表したいとしている。

posted by 北海道頑張れ at 04:27| 停電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

大停電警戒、帰宅ラッシュ前倒し 夜の銀座ひっそり

 17日夕から夜にかけて、首都圏で大規模な停電になる恐れがあるとして、国土交通省から節電の要請を受けた首都圏の鉄道各社は、急きょ本数を1〜2割減らすダイヤに変更した。企業も社員に早めの帰宅を促したことから、一部の駅では乗客が殺到し混乱した。

 同日午後5時過ぎごろから駅の混雑が始まり、JR新宿駅や東京駅、西武池袋線池袋駅では一時、ホームへ通じる階段や改札口でロープを張って入場を規制した。東京メトロの一部の駅ホームは乗客でごった返し、30〜60分にわたり全線で運転を見合わせた。

 東京駅ホームで電車を待っていた品川区職員の男性(56)は「大規模停電に備えて早く帰るよう職場から指示があった」。

 普段は夜も人でにぎわう東京・銀座は、節電に努めたり早く閉店したりする店もあり、午後7時ごろにはすでに明かりが少なく閑散とした。

posted by 北海道頑張れ at 12:41| 停電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信号消灯で交通事故相次ぐ 神奈川や埼玉

 計画停電で信号が消灯していた交差点で17日、交通事故が相次いだ。

 17日午後6時40分ごろ、神奈川県厚木市下荻野の県道交差点で、同市下依知、解体工、斎藤竜希さん(18)のバイクと同市の無職男性(67)の軽ワンボックス車が出合い頭に衝突、斎藤さんは体を強く打って死亡した。

 厚木署によると、現場は片側1車線の見通しの悪い交差点。普段は交通量が少なく、警察官の交通整理はなかった。

 また、同日午後5時20分ごろ、さいたま市北区吉野町1の国道16号交差点を自転車で横断していた近くの職業不詳、森よし子さん(65)が、右方向から来た東京都青梅市今寺4、会社員、村木義則容疑者(40)の4トントラックにはねられた。森さんは頭を強く打ち意識不明の重体。埼玉県警は村木容疑者を自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕した。この現場も警察官による交通整理はなかった。

信号が消えた交差点は徐行だろ常考。

posted by 北海道頑張れ at 12:07| 停電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。