2011年11月04日

がれき受け入れ苦情 石原知事が批判


 東日本大震災で発生した岩手県宮古市のがれき(災害廃棄物)を東京都が受け入れたことに抗議や苦情が相次いでいることについて、石原慎太郎都知事は4日の定例記者会見で「何もせずにどうするのか。力のあるところが手伝わなかったらしょうがない。みんな自分のことしか考えない。日本人がだめになった証拠の一つだ」と痛烈に批判した。

 都によると、2日現在、「がれきを持ち込まないでほしい」などと苦情や抗議の電話とメールが2868件寄せられる一方で、賛成は199件にとどまった。石原知事は「がれきから放射能が、がんがん出ているものを持ってくるのではない。(放射線量を)測って何でもないから持ってきている。東京だってばかじゃありませんよ」と話した。

//comment
賛成するのは当たり前で、そんなことでわざわざ「素晴らしい!」と電話をかける人はいないと思うので、件数の比較に大きな意味はないと思います。日進や京都と同じで、反対しているのはごく一部のクレーマーだと信じたいですね……。


ラベル:毎日新聞
posted by 北海道頑張れ at 22:30| 愚者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。