2011年08月28日

冷蔵庫いらずの保存法 余った食材を乾物に


 節電対策として賢い冷蔵庫の使い方は、冷蔵室に食品をため込まないことだ。しかし、ついつい食材を買い過ぎて余らせた分を冷蔵室に詰め込み、腐らせたという人も多いはず。食材を常温で長期保存するには“干す”という手段もある。達人に聞いた。(村島有紀)

 ◆竹串で干す

 『冷蔵庫いらずのレシピ』(1260円、ワニブックス)の著者、按田(あんだ)優子さん(34)は乾物や塩漬け肉など保存食を活用するストック料理の研究家。「余った食材を乾物にしたり、塩漬けにしたりすることで長期間常温保存でき、調理も簡単になる」と利点を説く。

 自家製乾物に必要な道具は、竹串や洗濯ばさみ、ざる、紙など意外にも身近にあるものばかりだ。作り方は、薄く切ったダイコンやニンジン、キノコを竹串で刺し、洗濯ばさみにつるしたり、ざるの上に乗せたりするだけ。もちろん、専用の干しかごを使って、ベランダなどにつるしてもいい。大切なのは、食材全体に空気が当たり、風通しを良くすることだそうだ。

 按田さんは「環境によって違うので、何日ぐらい干せばいいという目安はない。カビさせず、これ以上小さくならないというところまで乾いたらOKです。洗濯物が乾く部屋なら、室内でも乾物を簡単に作れますよ」とアドバイスする。

 ダイコンなどの場合、ゆでてから干すと、生から干すのとは違った食感が楽しめる。完成した干しダイコンは、水で戻してあえ物にしたり、鍋や煮付けに入れたりすればいい。「戻した乾物の方が調味料がよく染み込み、味付けも簡単。しかも食材の味も凝縮されているのでうまみが強い」(按田さん)

 ◆干しゴーヤー

 今夏、窓やベランダでの日よけ用「緑のカーテン」として人気のゴーヤー。ゴーヤーも干して保存すれば、長期にわたって食べられる。

 作り方は、縦半分に切って種を除き、厚さ5ミリほどに薄くスライスして紙の上に並べて干す。時々、紙を動かしカビの発生を防ぐといい。調理の際には、10秒ほど湯につけて戻す。乾燥した海藻とあわせて天ぷらにしてもおいしい。干しゴーヤーに湯を注ぐとゴーヤー茶にもなるので試してみよう。

 イカや貝柱などの海産物も塩水で煮詰めてから干して使うといい。

 ◆ストレス減少も

 以前から冷蔵庫に野菜を詰め込み、食べきれずに腐らせてしまうことにストレスを感じていた按田さんは、東日本大震災後の数カ月間、節電のために冷蔵庫の電源を切って生活をしていたという。

 「常温でストックする習慣があるので、それほど不便を感じなかった。狭い部屋だと冷蔵庫が発する熱でも暑くなる。食材を長期保存用にアレンジすることで、『早く食べ切らなきゃ』と思うことがなくなり、ストレスも減りますよ」と話している。

 【干しゴーヤーと海藻の天ぷら】

 《材料・2人分》▽干しゴーヤー8枚▽フノリ(またはアオサなど)10グラム▽小麦粉大さじ2▽水大さじ▽揚げ油、塩適量

 《作り方》〔1〕干しゴーヤーを湯(分量外)に10秒ほど浸して戻す。フノリはさっと水(分量外)にくぐらせ、ざるに上げる。〔2〕(1)をボウルに入れて小麦粉をまぶし、水を加えて軽く混ぜる。〔3〕(2)をつまみ、180度の油でカリッとするまで揚げる。仕上げに塩をふる。

 【ゆで干しダイコンの作り方】〔1〕皮をむき、薄さ5ミリ程度に輪切りしたダイコンを全体に透明感が出るまでゆでる。〔2〕中央に竹串を通し、串の両端をざるにかけて干す。〔3〕水分が完全に抜けたら出来上がり。


posted by 北海道頑張れ at 18:20| 節電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。