2011年06月28日

仏大統領、原子力計画に10億ユーロ=原発推進を堅持


 【パリ時事】フランスのサルコジ大統領は27日、エリゼ宮(仏大統領府)で記者会見し、「フランスは将来の原子力計画に10億ユーロ(約1150億円)を投資する」と表明した。福島第1原発事故を受け、欧州諸国でエネルギー政策の見直しが進む中、引き続き原子力を発電の中核に据える方針を明確にした。

 サルコジ大統領は会見で、原子力分野の投資対象として、将来の原子炉のテクノロジーと、原子力の安全強化に向けた研究を挙げた。また、原発の新規建設凍結について「老朽化する既存原発を使い続けることになり、論外だ」と否定した。

//comment
原発は放射線技術の発展に欠かせません。そして放射線技術を必要とする分野は、ガン治療を始めとして多岐に渡ります。原発はエネルギー効率に優れていますが、制御が難しく、脆いのも確かです。だから建設する場所は選ばないといけません。例えば日本で決して地震が起きないのであれば、原発を否定する理由はないでしょう。
フランスが原発の適地であるなら、原発を推進することは最先端の放射線技術を磨くことにも繋がり、国に大きなメリットをもたらすと思います。


posted by 北海道頑張れ at 03:42| 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。