2011年03月17日

震災に便乗、悪質勧誘商法や義援金詐欺に注意呼びかけ

朝日新聞より

 東日本大震災に便乗した悪質な勧誘商法や義援金詐欺が広がる恐れがあるとして、国民生活センターと消費者庁が注意を呼びかけている。阪神大震災や新潟県中越沖地震などでは、被災家屋の補修を口実に高額の契約を迫ったり、義援金をだましとったりする例が相次いだ。今回も、それに似た動きが報告され始めているため、注意喚起に力を入れることにした。

 国民生活センターにはすでに、「業者に『屋根の修理が必要だ』と言われてあわてて契約したが解約したい」「『区役所から家屋リフォームの補助金が出るから』と、業者から訪問勧誘を受けたが本当か」といった相談が、関東地方の消費生活センターなどから寄せられ始めている。

 消費者庁の福嶋浩彦長官は「公的機関を名乗る場合は、直接そこに確認してほしい。知らない団体や業者の場合は、消費相談窓口に問い合わせるなどして慎重に確かめてほしい」と話している。

 消費者被害にあったり、あいそうになったりしたときの相談は、消費者ホットライン(0570・064・370)で受け付けている。被災地などで、つながりにくい場合は国民生活センター(03・3446・0999)へ。

こういう人間のクズは極刑で良いと思う。



posted by 北海道頑張れ at 17:30| 愚者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。