2011年03月16日

福島4号機、東電「再臨界の可能性ゼロでない」 ヘリからのホウ酸散布も

産経新聞より

 東京電力は16日午前、福島第1原発4号機のプールに貯蔵されている使用済み核燃料について、「再臨界の可能性がゼロではない」との見方を示し、臨界防止のために、ヘリコプターでホウ酸の散布を検討していることを明らかにした。

 4号機では、この日午前5時45分ごろ、原子炉建屋北西部付近から炎が上がっているのが確認されている。

放射線 放射能 測定器 ガイガーカウンター
放射線測定器


posted by 北海道頑張れ at 12:14| 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。