2011年03月16日

国内損保各社を格下げ方向で見直し 米S&P

朝日新聞より

 米格付け会社の米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は15日、日本の損害保険業界の格付けの見通しを「安定的」から格下げ可能性がある「ネガティブ(弱含み)」に引き下げた、と発表した。対象となるのは国内の16社。東日本大震災と津波による損害への保険金支払いが膨らみ、財務への影響が出る可能性があるとしている。


posted by 北海道頑張れ at 11:59| 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。