2012年04月30日

太陽光発電に思わぬ落とし穴

太陽光発電というと、一度屋根に取り付ければ半永久的に発電を続けてくれる、そんなイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。
東京電力福島第一原発の事故以降、再生可能エネルギーとして太陽光発電を導入する動きが家庭や企業で広がっています。
岡山県は年間の晴天率が高く、国などの研究所による太陽電池の性能実験が行われています。
その取材をしているなかで、太陽電池の耐久性やメンテナンスに思わぬ課題があることが分かりました。
岡山放送局の黒瀬総一郎記者が解説します。

■メンテナンスフリーと聞いたのに……

岡山県倉敷市に住む兼安靖さんは環境や家計のことを考え、12年前、自宅に36枚の太陽電池を設置しました。
購入当時は業者からメンテナンスの必要はないと聞いて、10年間はそのまま使えると考えていました。
しかし、6年目に発電量に気になる変化が現れました。
兼安さんは導入してから毎日欠かさず発電量を記録したのですが、その記録から発電量が急激に低下したことに気付いたのです。
結局兼安さんは、設置した36枚の太陽電池パネルのうち15枚のパネルを交換することになりました。

兼安さんは「販売店の営業担当者は、売る際にメンテナンスは必要だときちんと説明するべきだ。それをメンテナンスはいらないといって売るのは言語道断だ」と憤りを隠せません。

■実は多かった太陽電池のトラブル

取材を進めると、設置した太陽電池パネルが数年で壊れるケースが全国的に起きていることが分かってきました。
産業技術総合研究所の加藤和彦主任研究員などが全国で調査した結果、住宅に設置された太陽電池483台のうち、およそ2割の97台が10年以内に発電量が減って電池パネルを交換していました。
加藤研究員は、数年で太陽電池が壊れる背景には、▽耐久性の評価基準が十分ではないこと、▽定期点検も義務づけられていないこと、などがあるのではないかと指摘しています。

■どんな故障が起きるのか?徹底検証

太陽電池で実際にはどのような問題が起きているのかを探るため、加藤研究員は、今月から研究所で使っている5600枚の太陽電池パネルの調査を始めました。
発電中の電池パネルの表面を赤外線カメラで写すと、全体が赤く映し出されるなか、色が白くなっている部分が見つかりました。
異常な発熱が見られる部分です。
原因は、電池の回路が切れて発電効率が下がっていることが考えられます。

電池パネルのトラブルは、こうした故障が最も多いそうです。
電池パネルを実験室に運び込んでさらに詳しく調べると、電流が集中しすぎて発熱するのを防ぐ安全回路が壊れていたことが分かりました。
加藤研究員は「住宅では、電池パネルが設置される屋根とパネルの間に枯れ葉がたまってることも多く、発熱によって最悪の場合、火事につながりかねない」と危惧しています。

■故障をいち早く見つけるには

こうした回路の故障をどうすればいち早く見つけることができるのか。
外見ではなかなか分からない太陽電池の故障を簡単に見つけ出す方法は、まだ十分に確立されていないのが現状です。
加藤研究員が開発したのが、電気信号を太陽電池の回路に流して断線している場所を見つけ出す装置です。
信号の受信機を電池パネルの表面に当てて徐々にずらしていきます。
電流が流れている場所では信号を受信して音が鳴りますが、急に音が鳴らなくなる場所があり、そこで回路が断線しているとみられます。

装置の値段はおよそ10万円と比較的、ほかの調査機器よりも安く、メンテナンス業者などへの普及が期待できるとしています。
加藤研究員は「太陽電池は、一度付けて運転を始めてしまうと、屋根の上で故障が起きているのかどうか分かりにくい。業界としても正しい保守点検方法を作っていきたい」と話しています。

■導入する際の注意点は?

加藤研究員は太陽電池を自宅などに導入する場合、メンテナンスの業者から購入することを勧めています。
また導入後も日々、発電量を記録して異変に気付けるようにすることがユーザーのとれる自衛策だと話しています。

この夏の電力需給を検証する政府の第三者委員会は、この夏に節電が行われたとしても、猛暑になれば西日本全体で3%余りの電力が不足するなどとした電力会社による最新の見通しを23日に示しました。
政府が代替エネルギーの柱とする太陽光発電の普及を本格的に進めて行くには、保守点検の技術を確立して信頼性を高めることが何より求められています。

//comment
10年間メンテナンス不要なら10年の保証が付いていてもおかしくないわけで、付いていないなら保証が切れた翌日に壊れることも想定すべきでしょう。工場に設置されている太陽光発電でノーメンテで既に何十年も動いているものがあると聞いたことがあるのですが、やはりパネルの値段が違うのでしょうか?効率を求めすぎると耐久性が落ちるイメージがありますが。


posted by 北海道頑張れ at 14:17| 発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

「西日本にまで汚染を広げてはならない」とツイッターに書き込み町議の辞職勧告案可決

 神奈川県真鶴町議会は27日、放射性セシウムが検出された焼却灰処理を奈良県の業者に委託したことをめぐり、「西日本にまで汚染を広げてはならない」などと短文投稿サイト「ツイッター」に書き込んだとして、村田知章町議(37)への辞職勧告決議案を賛成多数で可決した。

 村田町議は「表現の自由を阻害された。弁明の機会を与えられておらず、辞任するつもりはない」と話している。

 奈良県の業者は、書き込みがあった3月に焼却灰の受け入れを中止。決議は「配信後の影響を考慮しない行為で、社会的、道義的責任がある」としている。

 真鶴、湯河原両町でつくる衛生組合は1月から家庭ごみの焼却灰処理を奈良県御所市の業者に依頼。2月の測定で、国の基準値(1キログラム当たり8千ベクレル)を大幅に下回る最大490ベクレルの放射性セシウムが検出された。

//comment
こういうデリケートな問題にヒステリックに発言するとどういう結果になるかは、少し考えれば分かりそうなものですが。個人(庶民)ならまだしも町議の肩書きを出していたのなら尚更。こういった無知からくる無責任な発言が風評被害を招くのではないでしょうか。……もし別アカウントの発言が叩かれているなら、それは叩くほうが間違いだと思いますけどね。
4,000ベクレル程度の放射性物質は昔からずっと自然界に存在しています。その中で人間はずっと生活していますが、それに起因すると思われる健康被害は現在まで確認されていません。それなのに490ベクレルは危険でしょうか。放射線は少ない方が良いと思われるかも知れませんが、国によっては日本の20倍の放射性物質が自然に存在している国もあります。それでも健康被害が確認されていないのだからさほど気にする必要は無い、私はそう考えるのですがどうでしょうか。
表現に自由はあります。けれど、自由というのは何をやっても許される、という意味ではありません。自らの責任で何をやってもいい、ただし間違いを犯したなら責任を取らなくてはいけない。それが、自由というものです。

【参考】自然界に存在する「自然放射線」のお話、高自然放射線地域に住む人々
http://blog.livedoor.jp/pfj_blog/archives/50607528.html
posted by 北海道頑張れ at 10:58| 愚者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

スマートメーター、毎日確認わずか0.2%

 次世代型電力量計「スマートメーター」を使って電気使用量を「見える化」しても、パソコンで毎日チェックした利用者は0・2%にとどまった−。中部電力が昨年7月から8カ月間実施した実証実験で、こんな結果が出た。節電を狙って国や電力会社が普及を急ぐスマートメーターだが、このままでは「宝の持ち腐れ」になりかねない。

 実験では、30分おきに使用量を無線で送信するスマートメーターを使用。利用者は昨年7月から今年2月までの期間中、中電がインターネット上に設けたサイトに接続すれば、電気料金や1時間ごとの使用量などを翌日に閲覧できた。

 中電は実験で愛知県春日井市のJR春日井駅周辺の1500世帯にスマートメーターを設置したが、閲覧を希望した世帯は1割未満の139世帯だった。

 このうちサイトにほぼ毎日接続した利用者は3人で、全体の0・2%に。週1回以上を含めても18人で、1%だった。逆に月1回未満だった人は87人で、うち18人は1回も接続していなかった。

 中電の販売担当者は「利用者の間で温度差が大きいことがはっきりと出た」と話し、目標とする2016年度からの本格運用に向け、利用者へのPRやサイトの改良などを課題に挙げた。スマートメーターが節電にどの程度役立ったかまでは分析できなかったという。

 中電は既存の電力量計の更新期に合わせ、13年度から10年かけて管内の全家庭にスマートメーターを導入。さらに数万世帯での実証実験をして社内システムなどを検証し、本格運用に備える。

 <スマートメーター> 利用者と電力会社を双方向でつなぐ通信機能を備えた電力量計。電気の使用状況を常時把握できるため、利用者にとっては電気の使い方を自分で管理し、無駄を減らせるメリットがある。電力会社は各家庭の使用データを遠隔操作で収集できるため、検針作業の効率化につながる。政府は2016年夏までに国内総需要の8割をスマートメーター化する目標を掲げている。

(中日新聞・大森準)

//comment
春日井市(の一部)住民の節電への無関心を露呈しただけ
豚に真珠
そもそも利用者が使用量をネットで見られるのは副産物だし
節電に有効とか口実だし
うちはスマートメーターじゃないけどいつもメーター見て記録してるし
やる気があるやつは無くてもやる、やる気がないやつはあってもやらない
「1時間ごとの使用量が分かります!」と言われても、翌日じゃねぇ……
1,500世帯程度だったらリアルタイムで分からんの?せめて1時間後とか
知りたいのはそれぞれの機器の電力量なので、家全体の電力量が分かっても微妙。一人暮らしならまだしも、4人家族とかなら尚更。それではスキームの確認くらいにしか使えん
道具を配って仕組みを作っただけじゃ誰も見ないよ。そんな向上心がある人間ばかりなら、こんな日本になってない
電力使用量ワースト10を毎日発表すると盛り上がると思います(無理
そもそも節電されると電力会社は嬉しくないんじゃないか?
posted by 北海道頑張れ at 10:18| 節電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

住友電工、メガワット級蓄発電システムの実証実験

住友電気工業は、世界最大規模のレドックスフロー電池と、国内最大規模の集光型太陽光発電装置とで構成する、メガワット級蓄発電システムを開発、横浜製作所(横浜市栄区田谷町)で実証システムの建設に着手した。7月から運転を開始する予定。

このシステムは、再生可能エネルギー源として合計28基のCPV(最大発電量200kW)と、夜間電力や集光型太陽光発電装置(CPV)発電電力を貯蔵するための容量1MW×5時間のレドックスフロー電池で構成、外部の商用電力系統とも連系する。エネルギーマネジメントシステムによってレドックスフロー電池の充放電を制御し、工場の受電量の一定化する。天候に左右されるCPV発電量をレドックスフロー電池で補うことで、太陽光発電の計画運用などについて検証を進める。

また、一般的な蓄電池の機能として、横浜製作所のピークカット運用やあらかじめ設定したデマンドスケジュールとなるよう、電力負荷に応じた放電量の調整も行う予定。

エネルギーマネジメントシステム(EMS)によって太陽光や風力など不安定な再生可能エネルギーと、照明や家電製品など比較的小規模な電力負荷を管理し、一般消費者の視点側から、安定的、効率的な電力制御を実現する。

同時に、工場や企業などの大規模需要家の再生可能エネルギーに対する社会的要請も増しているのに対応、メガワット級の容量、出力を持つレドックスフロー電池、CPVを組み合わせた大規模蓄発電システムを活用していく。
posted by 北海道頑張れ at 10:59| 発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。