2011年11月24日

<核燃>ロシアの再処理提案文書を隠蔽 「六ケ所」の妨げと


 ロシアが02年、日本の原発の使用済み核燃料をロシアで一時的に貯蔵(中間貯蔵)したり、燃料として再利用するため処理(再処理)するプロジェクトを提案する外交文書を送っていたことが関係者の話で分かった。内閣府の原子力委員会や経済産業省資源エネルギー庁の一部幹部に渡ったが、六ケ所村再処理工場(青森県)稼働の妨げになるとして、核燃サイクル政策の是非を審議していた国の審議会の委員にさえ伝えなかった。当時、漏水事故の続発で再処理工場の安全性を疑問視する声が高まっており、不利な情報を握りつぶして政策を推し進める隠蔽(いんぺい)体質が浮かんだ。

 ◇02年、国の審議会にも伝えず

 東京電力福島第1原発事故を受けて設置した政府のエネルギー・環境会議は核燃サイクルを含むエネルギー政策を抜本的に見直す方針。情報隠しが判明したことで、政策決定の妥当性に厳しい検証が求められそうだ。

 文書は02年10月25日付でA4判2ページ。尾身幸次・元科学技術政策担当相宛てで、ロシア語で書かれており、ルミャンツェフ原子力相(当時)の署名がある。受領した在ロシア日本大使館が日本語訳を付け、内閣府原子力政策担当室(原子力委員会の事務局役)幹部らに渡した。大使館はさらに04年初めまでにエネ庁の一部幹部にもファクスで送ったという。

 尾身氏は担当相を務めていた02年9月、モスクワなどでルミャンツェフ氏と会談。文書は「会談は原子力部門における露日の共同活動の最も有望な方向性を明確に示すことを可能にした」とし、「一時的技術的保管(中間貯蔵)および(再)処理のために日本の使用済み燃料をロシア領内に搬入すること」を提案する内容だった。

 03〜04年、経産相の諮問機関「総合資源エネルギー調査会・電気事業分科会」や原子力委の「新計画策定会議」が、使用済み核燃料をすべて国内で再処理する「全量再処理路線」継続の是非を審議していた。約19兆円とされる高コストやトラブルの続発を受け、六ケ所村再処理工場に初めて放射性物質を流す「ウラン試験」開始に異論を唱える委員もいたが、ロシアからの提案は知らされなかった。結局、再処理継続が決まり、04年12月にウラン試験が行われた。

 経産省やエネ庁の関係者によると、エネ庁幹部は当時、周辺に「極秘だが使用済み核燃料をロシアに持って行く手がある。しかしそれでは六ケ所が動かなくなる」と語っていた。海外搬出の選択肢が浮上すると、全量再処理路線の維持に疑問が高まる可能性があるため、隠蔽を図ったという。ある関係者は「ロシアの提案は正式に検討せず放置した」、別の関係者も「原子力委とエネ庁の技術系幹部という一部の『原子力ムラ』で握りつぶした」と証言した。

 原子力委は委員長と4委員の計5人。他に文部科学省や経産省からの出向者らが事務局役を務め、重要な原子力政策を決定する。【核燃サイクル取材班】


posted by 北海道頑張れ at 13:45| 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

岩手・宮古市からの震災がれき受け入れで相次ぐ苦情に石原都知事が「黙れ」と一喝


岩手・宮古市から震災がれきを受け入れた東京都に苦情が相次いでいることに対して、石原 慎太郎知事が一喝した。
石原知事は4日午後3時すぎ、「『黙れ』って言えばいいんですよ、そんなの。誰がそれでどうするの? 力のあるところが手伝わなくちゃ、しょうがないじゃないですか」と述べた。
震災がれきの受け入れをめぐって、東京都には、4日までに3,000件以上の意見が寄せられ、そのうちの9割以上は、受け入れに反対の意見だという。
東京都では、今後も苦情や不安などに対して、丁寧に説明をしていくとしている。

//comment
都知事が言っていることはごく普通の当たり前のこと。そんなことがニュースになること自体が恥ずかしいと思う。大丈夫か、日本。メディアで苦言を呈するとマスコミに叩かれ、仕事で客を注意すれば、店員の対応が悪いと本社から怒られる。大人を叱る大人がいないですよね、今の日本は。その大人は自分可愛さに子供も叱れない。叱られない人間が良い人間になれるでしょうか?否。その集合体が今の日本。どちらがゴミなんだか。
posted by 北海道頑張れ at 22:39| 愚者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がれき受け入れ苦情 石原知事が批判


 東日本大震災で発生した岩手県宮古市のがれき(災害廃棄物)を東京都が受け入れたことに抗議や苦情が相次いでいることについて、石原慎太郎都知事は4日の定例記者会見で「何もせずにどうするのか。力のあるところが手伝わなかったらしょうがない。みんな自分のことしか考えない。日本人がだめになった証拠の一つだ」と痛烈に批判した。

 都によると、2日現在、「がれきを持ち込まないでほしい」などと苦情や抗議の電話とメールが2868件寄せられる一方で、賛成は199件にとどまった。石原知事は「がれきから放射能が、がんがん出ているものを持ってくるのではない。(放射線量を)測って何でもないから持ってきている。東京だってばかじゃありませんよ」と話した。

//comment
賛成するのは当たり前で、そんなことでわざわざ「素晴らしい!」と電話をかける人はいないと思うので、件数の比較に大きな意味はないと思います。日進や京都と同じで、反対しているのはごく一部のクレーマーだと信じたいですね……。
ラベル:毎日新聞
posted by 北海道頑張れ at 22:30| 愚者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

太陽光発電所メガソーラーたけとよの営業運転を開始


中部電力は、愛知県知多郡武豊町の武豊火力発電所構内に設置した太陽光発電所「メガソーラーたけとよ」の営業運転を10月31日から開始すると発表した。

メガソーラーたけとよは、今年1月に営業運転を開始した「メガソーラーいいだ」(長野県飯田市)に続く、同社2番目の事業用太陽光発電所で、発電所出力は中部地域最大の7500kWとなる。

想定している年間発電量は一般家庭2000世帯分の年間使用電力量に相当する730万kWhで、発電所の運転によるCO2削減量は、年間約3400tとなる見込み。

メガソーラーたけとよには、発電所を一望できる展望台などを設置しており、発電所の見学を通じて、再生可能エネルギーを啓発していく。

同社は、2014年度に営業運転開始を目指して計画中の「メガソーラーしみず」(静岡市清水区)を着実に進めるなど、今後もCO2排出量の少ないエネルギーの導入に積極的に取り組んでいくとしている。
posted by 北海道頑張れ at 11:59| 発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソーラーフロンティア、フランスの太陽光発電に参入


昭和シェル石油の太陽電池子会社ソーラーフロンティアは、ベレクトリックとフランスのベッソンに4.2メガワットピークの太陽光発電所を竣工したと発表した。

プロジェクトはソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池を搭載する原子力発電所大国・フランス初の太陽光発電所で、ソーラーフロンティアはフランスの太陽電池市場に参入する。

新しい太陽光発電所では、ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池2万9931枚を設置し、4.2メガワットピークの出力を見込む。また、同発電所は、設計から6週間という短期間で発電を開始した。

ソーラーフロンティアとベレクトリックはこれまでも複数のプロジェクトで協力してきたが、今回の太陽光発電所は最新の取り組みとなる。

黒一色の太陽電池は通常、25度とするところを今回は15度の角度で設置されている。ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池は、高い発電性能により、設置角度を小さくしても高い出力が得られる。

ベッソンの太陽光発電所は、宮崎県の世界最大級の太陽電池工場である国富工場で生産されている最大出力140ワットのCIS薄膜太陽電池が設置されている。
posted by 北海道頑張れ at 11:57| 発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソーラーフロンティア、ドイツのスーパーマーケット駐車場屋上にCIS薄膜太陽電池を供給


昭和シェル石油の太陽電池子会社のソーラーフロンティアは、ベレクトリックとともにドイツ最大のスーパーマーケットチェーンであるエデカ・クラウチックのシュヴァバッハ市の店舗にCIS薄膜太陽電池約2500枚を設置したと発表した。

同設備は340kWピークの発電容量を持ち、7月から発電を開始した。ベレクトリックが、ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池をスーパーマーケットの駐車場屋根へ設置したのは初めて。

設備は、年間37万4000kW時の発電が見込まれている。これは年間約255tの二酸化炭素の排出削減に相当する。

エデカ・クラウチックには、電気自動車の充電システムも設置されている。この設備はベレクトリック・ドライブが設置したもので、電気自動車ユーザーは買い物の間に車の充電を完了させることができる。

駐車場の屋根に設置した太陽光発電システムと電気自動車の充電システムを組み合わせることで、ユーザーはCO2排出ゼロの自然エネルギーを利用して電気自動車を走行できる。
posted by 北海道頑張れ at 11:56| 発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日立、風力発電用永久磁石発電機の小型・軽量化技術を開発


日立製作所は25日、2000kW級風力発電用の永久磁石発電機の小型・軽量化技術を開発したと発表した。風力発電システムの軽量化と建設時の作業負荷の低減などを実現するという。

今回、発電機の回転子に冷却用通風溝を形成することで永久磁石を効率的に冷却し、発電機の小型・軽量化を実現する高冷却回転子構造を開発。さらに磁石配置や冷却用通風溝寸法を最適化し、電気特性と機械強度のバランスを保つことができる発電機設計技術も開発した。

日立製作所は、同技術を適用した2000kW級永久磁石発電機を試作し、検証した結果、現在主流となっている巻線形誘導発電機と比較しても同レベルの発電効率を保ちつつ、約30%の重量低減を達成できることを確認している。
posted by 北海道頑張れ at 11:55| 発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。